Projects

2017 / 04 / 30  20:59

「Cwave虎ノ門サテライトスタジオ開局記念 『虎ノ門でごめんなさい!』公開生放送」

2017年4月28日(金)14:00~14:50
「Cwave虎ノ門サテライトスタジオ開局記念 『虎ノ門でごめんなさい!』公開生放送」を開催いたしました。

『虎ノ門でごめんなさい』は、虎ノ門のヒト、コト、モノをみんなでゆる〜く考える。台本、構成一切なし、誰でも参加できる番組としてスタート。番組は、「インターネット放送局Cwave」の虎ノ門サテライトスタジオとして、営業中のBICYCLE COFFEEから公開生放送でお送りしました。

番組内では、本企画の『オープニングから番組コーナー作りまですべての過程をオープン企画会議で行う』という趣旨説明や、『虎ノ門でごめんなさい』に関わるメンバー紹介(インターネット放送Cwaveの植村局長、BICYCLE COFFEEのスタッフでもある男性3人組ラップ・ユニット「パブリック娘。」の清水大輔さん、番組に駆けつけた法政大学長岡ゼミの高橋大哉さん)を主に行いました。

公開生放送ということで、新虎通り周辺の皆さんやBICYCLE COFFEEのお客様も多数お越しいただき、
多様な人々が集う交流の場となりました。

2017 / 03 / 30  17:31

『スマホ利用者6,000万人時代! 成果を上げるSNS、スマホ活用法』

2017年3月27日(月)19:00~21:30
【URTRA講座】『新虎通りで考える スマホ利用者6,000万人時代! 成果を上げるSNS、スマホ活用法』を開催致しました。

 

URTRA講座では、新虎通り周辺のみなさんの新たな学びの場・気付きの場として、講座を展開しています。私たちが毎日のように利用しているスマートフォンやSNSですが、実はその活用法についてしっかり学んだことは少ないのではないでしょうか。今回は、「新虎通りエリアの発信」を題材にしながら、新虎通り周辺で活動されている方を中心としたSNS、スマホの学び舎を開講しました。

 

ゲストは、株式会社ソーシャルメディアマーケティング代表取締役で、青山学院大学社学連携研究センター特別研究員の菅野 弘達(かんのひろみち)さん。

新虎エリアを活性化するためのSNS、スマホの活用法の提言として、アプリの活用や多言語での投稿など、様々なアイディアを提言いただきました。

参加者の声からは「普段身近だけど深く考えたことがないSNSを知る貴重な機会になった」「InstagramだけでなくFacebookも使いこなしたい」などの声があがりました。参加者の皆さんそれぞれ現場で課題意識を感じて参加されているため、会終了後の交流会では、参加者同士の対話も弾み、ゲストへの質問も絶えない賑やかな会となりました。

 

【テーマ】
相手のスマホに情報が届いていますか?
スマホ利用者6,000万人時代のWEBプロモーション戦略
・なぜFacebookなのか? 3つの大きな誤解と成果の上がる3つのツボ
・事例紹介 成果を上げているSNS、スマホのビジネス活用事例
・新虎エリアを活性化するためのSNS、スマホの活用法

 

 【ゲスト】
(株)ソーシャルメディアマーケティング 代表取締役 
菅野 弘達(かんのひろみち)さん
株式会社ソーシャルメディアマーケティング代表取締役
青山学院大学社学連携研究センター特別研究員
ソーシャルメディア集客実践会主宰

2017 / 02 / 28  13:57

「夜の街歩き〜旅する新虎マーケット編〜」

2017228()19:0021:30

URTRAの街歩き企画『URTRA夜の街歩き〜旅する新虎マーケット編〜』を開催いたしました。
URTRA
街歩き企画ツアー初の夜企画となる今回は、先日オープンしたばかりの『旅する新虎マーケット』を巡りました!
『旅する新虎マーケット』は、2020年東京オリンピック・パラリンピックでメインスタジアムと選手村を結ぶシンボルストリートとなる「新虎通り」を舞台として、全国津々浦々の魅力を集め、編集・発信し、地方創生へ繋げる “ The Japan Connect ” を目的としてスタートしたプロジェクトです。
2
月~6月の出展自治体は、山形市(山形県)、湯河原町(神奈川県)、高岡市(富山県)、宇部市(山口県)、今治市(愛媛県)です。

 

当日は、参加者一同でURTRAに集合し、まづは各自治体ゆかりの商品が揃う旅するストアへ。日本酒などの食料品や工芸品まで豊富に揃っており、各自治体の魅力が詰まったお店に参加者もそれぞれの興味に惹きつけられ、みなさん長く滞留しておりました。また旅するストアの前には、神奈川県湯河原町の足湯があり、足湯体験や記念写真撮影をしました。

 

その後は、各自治体の個性あふれるお店を食べ歩き飲み歩き。

「今治イマバール」では、柑橘系サワーを豊富に取り揃えており、参加者同士で飲み比べ。

「洋食やまがた軒」は、自慢の山形牛メニューを堪能。

URTRA前の「おでんや高岡」では、各種おでんメニューを味わうなど、大満喫の食べ歩きを終了。


参加者の皆さんからは、「新しい新虎通りの取り組みを肌で感じることができた。」「これから各地方自治体をもっと知りたくなった」「新しい飲みのスタイルが味わえて虎ノ門が好きになった」などの声をいただきました。

 

URTRA夜の街歩きは、皆さんと街での新しい発見や気付きを共有しながら、新虎通りに集う人々の交流の場を発展させていくイベントツールとして、旅する新虎マーケットをメインに、今後も様々な新虎通り周辺のお店を巡りたいと考えております。

 

【街歩き案内人】
杉本篤彦(すぎもとあつひこ)
東京シティガイド(東京観光財団認定)

2017 / 01 / 29  12:30

「第4回港区発見!URTRA街歩き〜浜松町編〜」

2017年1月29日(日)10:00~14:00

「第4回港区発見!URTRA街歩き〜浜松町編〜」を開催いたしました。

第4弾となる今回の企画は、浜松町編。
第1弾からURTRAを基点とし、東西南北と街歩きをしてきたシリーズ最終回です。

 

最初に訪れたのは、コソボ大使館。港区には80を超える大使館があり、大使館等周遊スタンプラリーが開催されているほど。中にはコソボ大使館のように一見、どこにあるか探すのに苦労するところも。そんな大使館を自分たちで見つけるのも街歩きならではの醍醐味。

そして港区は「近代日本初の~」が多い街。看護婦教育発祥の地・開拓使仮学校跡・近代地方自治発祥の地などを巡り、明治時代に日本最先端の取り組みが行われていた歴史を感じました。

増上寺の黒本尊など定番のスポットも経由し、最後は再開発著しい浜松町にて解散。

 

街歩き案内人の澤内隆先生から、『自分がいて、上が未来、下が歴史、横に広がっているのが地理。自分のStoryの中で未来と歴史地理を感じることが大事。』という言葉を最後にいただき、港区発見!URTRA街歩きシリーズが完結しました。

街歩きイベントは常連のメンバーも多く、今後は参加者独自でテーマ別の街歩き企画を検討していきます。乞うご期待ください!

ぜひ、ご一緒に街歩きを企画したい方がいらっしゃいましたらURTRAスタッフまでお声がけください。

 

【街歩き案内人】
澤内隆(さわうち・たかし)さん
港区内の女子校で地理教師を務め、退職後にリメディアル教育として地理を大人・大学生などに教える「地理バッ地理塾」を主宰し、大学や社会人向け講座などで地理を教える。また、地理から派生し「観光」「まち歩き」「地域イベント」の活動にも取り組む。2つの大学講師のほか、帝国書院地図普及アドバイザー、クラブツーリズムまち歩きUXデザイナー、港区観光協会総務企画委員なども務める。余暇ツーリズム学会、イベント学会、日本レクリエーション協会などにも所属し多岐にわたる活動を展開している。

2016 / 11 / 24  21:51

「地域の賑わいづくり企業〜ギャラリーショップKANAGUと南部鉄瓶」

2016年11月17日(木)19:00〜21:00

『突撃!地域の賑わいづくり企業〜ギャラリーショップKANAGUと南部鉄瓶(アトムリビンテック株式会社さん)〜 URTRAツアー』を開催致しました。

今回が初めてとなる本企画は、新虎通り周辺で気になる取り組みをされている企業さんのキーマンをゲストに、URTRAにてじっくりお話を伺い、その後実際に企業へ突撃!訪問しようというツアー企画。夜の新虎通り社会見学として参加いただいた在勤者の方、街づくりに携われている方にご参加いただきました。

今回の地域の賑わいづくり企業として訪問したのは、アトムリビンテック株式会社さん。新虎通り近くの新橋4丁目に、ショップ&ショールームATOM CS TOWERを展開され、ギャラリーショップKANAGUをはじめ、その他フロアのギャラリースペースにおいても、ワークショップや、イベントなどを開催し、住空間創造ギャラリーとして運営されています。

当日はゲストの峰島さんの金物に関する様々なトピックトークをURTRAにてインプット、参加者の皆さんには南部鉄瓶で沸かしたお湯で淹れたBICYCLECOFFEEのコーヒーを味わっていただきました。そして、本イベントの大きなポイントは実際に仕事現場へ訪問するということです。

ただお話を聞くだけではわからない感覚を、実際に空間と活動内容を、仕事現場であるショップ&ショールームATOM CS TOWERにて参加者の皆さんと共有し、新虎通りの賑わいの一点を線で繋ぐような交流の機会と新しい感触を皆さんと得ることができました。

次回以降、本企画にご協力いただける新虎通り周辺企業の皆様、お待ちしております!

【今回のスケジュール】

19時〜 地域の賑わいづくり企業ゲストトーク(URTRAにて)

アトムリビンテック株式会社

アーバンスタイル事業部課長 峰島幹人さん 

南部鉄瓶で煎れたコーヒーを飲みながら

 

19時30分〜20時30分 突撃!地域の賑わいづくり企業ツアー(アトムCSタワー見学)

20時30分〜21時 交流・振り返りタイム 

【今回のツアーガイド】

アトムリビンテック株式会社

アーバンスタイル事業部課長 峰島幹人さん 

【今回の突撃!地域の賑わいづくり企業】

アトムリビンテックさんは、1903年に創業した家具金物や建具金物など、“住まいの金物”の企画・開発・販売を行っている会社です。本社は台東区入谷にあり、新虎通り近くの新橋4丁目に、ショップ&ショールームATOM CS TOWERを展開しています。

~ATOM CS TOWER~

お客様との相互交流の場作りを目指し、1980年に内装金物のショップ&ショールーム「亜吐夢金物館」を開設。これにより、建築設計者やデザイナー、エンドユーザーの生の声をいち早く捉え、製品開発に活かす拠点として営業開始。そして、10年前の、2007年にショップ&ショールームだけではなく「住空間創造企業」を目指し、ATOM CS TOWERとして生まれ変わりました。

1 2 3 4