Information

2016 / 06 / 27  12:19

イベント【6】

2016年6月25日(土) 10:00~12:00
『第一回URTRAストリートファニチュアワークショップ』
を開催いたしました。


【ストリートファニチュアワークショップ講師】
株式会社コトブキタウンスケープサービス 深澤幸郎さん
【共同主催】
株式会社コトブキ


創業100年を迎える老舗メーカーです。ベンチやサイン、遊具といった公園や道路等のパブリックスペースに向けの製品を製造しています。
近年は子育て環境、高齢化、地域コミュニティの形勢など様々な課題に対して、パブリックスペースを賑やかにすることで人々を幸せにするという企業理念のもと、これまでのメーカーという枠だけに収まらない様々な方法で提案を続けています。
https://www.facebook.com/kotobukits/
URTRA店内やオープンカフェスペースにて皆さんにご利用いただくファニチュアをDIO(do it ourselves)にて製作しました。
限定10名の参加者は主に虎ノ門周辺在勤者でしたが、中には島根県からお越しくださった参加者も。
ストリートファニチュアワークショップ講師株式会社コトブキタウンスケープサービス深澤幸郎さんのガイドのもと、
最初の工程、「のこぎりで木材を切る」ところから参加者の熱量が一気に上がり、
「やすりで削る」工程では完全にみなさんが真剣な眼差しで製作に向かわれていました。
「塗装する」工程では参加者のみなさんに自分好みのカラーを選んでいただき、
座面ピースの色を複数選んでいただいて、それぞれ個性あるファニチュアの表情が浮かび上がってきました。
一旦塗装したファニチュアが乾くのを待ちながら、ここでコーヒーブレイク。
BICYCLE COFFEEの水出しコーヒーを飲みながら、周辺の在勤者を中心に参加者同士の交流で盛り上がりました。
最後は、「組立」座板を組み合わせ、固定し、
仕上げの「磨き」を加えた際には、
みなさんがURTRAで使用するファニチュアに愛着を持っていただき、
「持って帰りたい」という声が上がるほどでした。
パブリックビルドというコンセプトのもと、「ものづくり」「まちづくり」の新たな可能性を探るチャレンジをさせていただいた今回の企画。
URTRA最初のイベント『第1回URTRA街歩き』に参加していただいた深澤さんと着想から2ヶ月でトライすることができました。

パブリックビルドとは、
皆の=誰が言い出してもいい
皆による=自分たちで責任を持つ
皆の為の=使う人の事を考えましょう
という深澤さんの印象的なプレゼンテーションのキーワードと、完成した後の10個それぞれ個性があるファニチュアの味わい深い存在感がこれから新虎通り賑わい施設URTRAの大きなパワーになっていくと強く感じた1日でした。