Information

2016 / 07 / 12  21:43

イベント【8】

2016年7月9日(土) 10:00~11:30
【URTRA講座】新虎通りをプログラミングする探プロ!変身する公園をつくろう!入門編;を開催いたしました。

【講師】
小笠原記子さん

IT系コンサルティング会社に勤務し、システムコンサルタントとして現場の最前線で仕事を続ける一方、社会人向け大学院のK.I.T.虎ノ門大学院での修士研究として考案した「探究型プログラミング学習」の継続研究と展開のために活動されています。 1男1女の母でもいらっしゃいます。「なぜ子どもたちはプログラミングを学ぶのか?」の問いに答えるべく21世紀型スキルの効果的な修得を目的とした『探究型プログラミング学習』やプログラミング学習の動向全般について、Blogを通じて発信されています。

【探究型プログラミング学習(探プロ!)】
探プロ!はプログラミング言語の使い方を学んでパソコンやスマホの中で動くゲームを作るようなプログラミング学習ではなく、「世界をプログラミングする」を合言葉に、私たちの身近にある社会を通じてプログラミングの概念を学び、未来を創る力を身につけるプログラミング学習の新しいコンセプトです。

探プロのコンセプトサイト:http://tanpro-lab.jp/
探プロのBlog:http://dig-learning.hatenablog.com/


次世代を担う小中学生向けの、電子工作ブロックのlittleBitsを使って、子どもたちの身近なテーマである「公園」を題材に最先端の探究型プログラミング学習(探プロ!)をお届けしました。

講師の小笠原先生のわかりやすいレクチャーを受けながら、参加した子どもたちの自由な発想と真剣な眼差しのもと、電子工作ブロックのlittleBitsを使って公園がつくられていきました。子どもたちの身近なテーマである「公園」というテーマと「探究型プログラミング学習(探プロ!)」の今回の掛け合わせにより、少しでも新虎通りや街づくりについて、次世代を担う小中学生のみなさんや、ご家族のみなさんに身近に感じていただくきっかけとなったら幸いです。

2016 / 07 / 04  14:31

イベント【7】

2016年7月3日(日) 10:00~15:00
第2回港区発見!URTRA街歩き
を開催いたしました。

【街歩き案内人】
澤内隆(さわうち・たかし)さん

港区内の女子校で地理教師を務め、退職後にリメディアル教育として地理を大人・大学生などに教える「地理バッ地理塾」を主宰し、大学や社会人向け講座などで地理を教える。また、地理から派生し「観光」「まち歩き」「地域イベント」の活動にも取り組む。2つの大学講師のほか、帝国書院地図普及アドバイザー、クラブツーリズムまち歩きUXデザイナー、港区観光協会総務企画委員なども務める。余暇ツーリズム学会、イベント学会、日本レクリエーション協会などにも所属し多岐にわたる活動を展開している。

URTRA街歩き企画第2弾として、(株)帝国書院 顧問 地図指導アドバイザーや文科大学国際学部講師(地理学基礎、地理学、日本史)を努め、各メディアでも地理学の専門家としても有名な澤内隆先生と、これから目覚ましい変貌を遂げる新虎通りの地理的、歴史的発見を通して本来の新虎通りのあるべき姿を模索するツアーを開催いたしました。

今回は大名屋敷が数多くあった虎ノ門駅周辺から日比谷公園を巡るルートを、参加者の皆さんと巡りました。各大名の刻印が残った石垣や、西国大名ゆかりの金毘羅神社など、歴史を感じさせられる遺構が残る虎ノ門駅周辺エリアでは、普段身近にあっても通り過ぎてしまう時代とのつながりが感じられ、日比谷図書文化館歴史資料室にて街の成り立ちについても深く理解することができるコースでした。

街歩きコースでは、歴史から街のことを知り、参加者の皆さん同士ではこれからの虎ノ門の賑わいづくりについて語り合う濃い時間を共有できることができました。

皆さん、日差しが強い中お集まりいただきありがとうございました!
次回の「第3回港区発見!URTRA街歩き」は10月10日(祝)を予定しております。

1